Webマーケティング用語を覚えて、広告効果計測で最高のコスパを導き出す計算式

はじめに

Webマーケティングは専門用語が多く、しっかり理解していないと話についていけないことがあります。
今回はWebマーケティングで広告効果測定を行うための基礎用語を中心にまとめましたので、用語の意味や使い方を覚えていきましょう。また、広告効果測定を行うための計算式や活用法にも触れていますので更なる理解を深めてください!

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、インターネットを使った「目標を達成するための戦略」です。
Webマーケティングの広告媒体は、ディスプレイ広告(バナー)やリスティング広告(検索連動型広告)、リターゲティング広告など多岐に渡りますが、どれも業務の基本はしっかりと広告効果測定を行うことです。

Webマーケティング用語

Cost

Cost(コスト)は、広告にかかった費用です。

imp

imp(インプ)はImpressionの略で、広告が表示された回数です。
表示された回数は「インプ数」や「インプレッション数」と呼びます。
ユーザーがページを閲覧した回数を表すPV(ページビュー)とは異なります。

CT

CTはClick Throughの略で、広告が何回クリックされたかの回数です。

CTR

CTRはClick Through Rateの略で、クリック率です。
広告が表示された回数(インプ数)のうち、クリック(CT)につながった割合です。

CTRは「CT ÷ imp」で計算します。

CPC

CPCはCost Per Clickの略で、クリック単価です。
広告1回のクリックに対して掛かる平均単価になります。

CPCは「Cost ÷ CT」で計算します。

CV

CVはConversionの略で、コンバージョンした数です。
具体的には、商品購入数やお問い合わせ件数など、設定したゴールを達成した数になります。

CVR

CVRはConversion Rateの略で、コンバージョン率です。

CVRは「CV ÷ CT」で計算します。

CPA

CPAはCost Per Acquisitionの略で、コンバージョン1件あたりにかかる費用です。

CPAは「Cost ÷ CV」で計算します。

費用対効果を俯瞰的に見る

マーケティング用語を理解した上で、3つの広告の例を見てみましょう。

  Cost imp CT CTR CPC CV CVR CPA
広告A ¥200,000 250,000 3,312 1.32% ¥60 40 1.21% ¥5,000
広告B ¥150,000 150,000 2,263 1.51% ¥66 16 0.71% ¥9,375
広告C ¥100,000 5,000 455 9.10% ¥220 28 6.15% ¥3,571

一見、費用(Cost)をかけている広告Aが表示回数(imp)が多く一番多くクリック(CT)されており、効果を出しているように感じます。事実、広告Aはコンバージョン数(CV)も40と高いです。ですが、コンバージョン1件あたりにかかる費用(CPA)という観点では1件あたり¥5,000かかっています。

対して費用(Cost)が安い広告Cは、表示回数(imp)・クリック数(CT)とも低いですが、コンバージョン1件あたりにかかる費用(CPA)は¥3,571で、この中では一番費用対効果が高いと言えます。

つまり、広告A、広告B、広告Cの中で成功した施策は、広告Cになります。

数値の把握をした上でPDCAをまわす

俯瞰的に広告効果計測が出来るようになったら、次はPDCAです。コンバージョン1件あたりにかかる費用(CPA)を意識することはもちろん、各数字の解析と対策が必要です。

例えばクリック数(CT)が低かったら、広告内容がターゲットユーザーに十分アプローチ出来ていないのかもしれません。その先のコンバージョン数(CV)が低かったら、もしかたらデザインに問題があるのかもしれません。
各数字を解析し、問題点を推測して対策してくことが大切です。
最高の費用対効果(CPA)を得るために、速やかにPDCAをまわしましょう。

まとめ

広告はマーケティングと切っても切り離せないものです。
目先の数字に踊らされず、まずはCPAを意識してより費用対効果の高い目標を定めましょう。

市島

市島 Webデザイナー

LYZONのWebデザイナー マネージャー。社内案件ではディレクターも担当。
Webデザイン・コーディングとコーディングの比率は半々。2015年入社。
ロックンロールを深く愛している。