※主に、Sitecoreを用いたWebサイト構築の時に行われます。
「WordPress」や「MovableType」での構築時には、自動的な大量コンテンツ移行が出来ない場合がございますので、予めご了承ください。

LYZONだからできる大量コンテンツのポイント

ポイント1. コンテンツ移行業務に熟達した「サポートデスク」

LYZONには、コンテンツの大量移行を数多く実践している「サポートデスク」という組織があり、過去にはのべ15,000ページ相当にも及ぶコンテンツ移行・修正業務を行なった経験もあります。主な対象CMSはSitecoreとなりますが、業務自体はSitecoreに限らず、他のCMSであっても遂行することが可能です。
また、アシスタントディレクターがオーガナイザーとして加わることにより、この「サポートデスク」のコンテンツ移行業務をより円滑に進めます。

ポイント2. Webデザイナーでなくとも、誰でも簡単に入れ込みができるようになる「フレキシブルボディ」や「エレメントリスト」

大量のコンテンツ移行を計画する際に大きな問題となるのが、要員の確保です。決められた期間内に大量のコンテンツ移行を完了させなければならない為、外部リソースなどを調達する場合も出できますが、通常のコンテンツ入れ込み業務では、Webデザイナーやコーダーといったスキルレベルのメンバーをアサインしなければならず、なかなか調達が捗らないケースも多いです。
また、アルバイト等のリソースを確保した際にも一次品質の低下を招く恐れがあり、品質コントロールが難しいことがあります。

しかし、LYZONでは要員調達を容易に行うことができます。それはWebデザイナーやコーダーといったスキルレベルの高い要員でなくとも、コンテンツ入れ込みに掛かる教育コストを低減するための仕組みがあるからです。
LYZONはWebサイト構築標準化の一環として、Sitecore専用独自開発モジュール「フレキシブルボディ」や「エレメントリスト」を開発し、スキルの有無にかかわらず、比較的容易にコンテンツ入れ込みスキルを身につけることができる仕組みが整っています。

ポイント3. ニュース等のアーカイブ系コンテンツをシステム的に移行する「SQLインポーター」

Webサイトによってはニュース等のコンテンツが10年以上前からアーカイブ化されており、コンテンツ移行時の課題に挙がることが多いです。LYZONでは、それらの大量コンテンツを「SQLインポーター」を用い一括登録して工数圧縮に貢献します。

VISION

世界に役立つ脳を創ろう

デジタルマーケティング

Sitecore

それだけでは意味のないアクセス解析データとマーケティングシナリオを結び付けることで、新たなvalueを生み出す。

人工知能

Deeplearning

膨大な情報を結び付けるために(効率的に実現するため)Deeplearningなどの人工知能の技術を応用し、価値を創造する。

Webとシステムをつなぐ

全体最適

断絶されたWebとシステムをつなぎ、各サービスごとに分断されたクラウドサービスごとをつなぎ、部分最適ではなく全体最適を実現する。

CONTACT

Webサイト制作に関するご相談、サービスに関するお問い合わせはこちら