グローバル展開 対策のための7つのポイント

Webサイトのグローバル展開を実現する際には、マーケティング、デザイン、コンテンツ、インフラ、運用など、さまざまな観点から物事を考えなければならない為、高いノウハウが必要となります。

ポイント1. ターゲット設定 ~コンテンツの中身の決定を左右するターゲット設定~

「グローバル展開=英語サイトを作ること」とは、必ずしもなりません。
どの国がターゲットとなるのか、あるいは全世界がターゲットとなるのかによって、その作り方や重要視すべきポイントは大きく変わってきます。

ポイント2. 地域別マーケティング戦略 ~グローバルサイトの要は、ローカルマーケティング戦略~

Webサイトを構築する際にはWebマーケティングが重要ですが、同様にグローバルサイトを構築する際には、現地のニーズに合った的確なマーケティング戦略が必要となります。

ポイント3. ガバナンスvsローカル自由度 ~ガバナンスと自由度のバランスが重要~

グローバルサイト設計の際には、CMSをどのようにグローバルに構築するかを決める必要があります。LYZONはCMSの設計を行う際に、お客様の本社がサイトを全て管理する「中央集権型」と、各地域の部署に管理を任せる「地方分権型」の二種類の管理の仕方を提案いたします。

ポイント4. SEO・ドメイン対策 ~ドメイン対策はグローバルなSEO対策~

LYZONはグローバルサイトを作成する際、同じURLのまま言語だけ切り替わるといった作り方をしてしまうといずれか一つの言語のページしか認識されないので、SEO対策として言語ごとに個別のURLをつけることを推奨しています。しかし、独自ドメインは評価が分散されてしまう一方で、リスクが分散されるメリットがある為、お客様の目的に応じてご提案します。

ポイント5. 世界のユーザビリティ ~世界の環境に合わせたサイト構築~

対象国によって、通信環境や閲覧環境、またデザイントレンドにおいても大きな差があります。
LYZONは、これらの要望にも適切に仕様に落とし込み、開発を行います。

ポイント6. 統合サイトの効果 ~統合管理が可能にする「サイト構造の統一化」と「コスト削減」~

会社のブランドイメージを各グローバルサイトに反映させたり、地域に合わせた新たなコンテンツの展開を行いたい場合、グローバルサイトをそれぞれの拠点で管理させていると、コンテンツを一から作らなければならなかったり、各拠点にブランドイメージを伝えなければならないといった手間が生じます。
LYZONは、統合サイトを設置することにより、本社サイトと海外拠点サイトを一括管理し、統一したWebブランディングの実現や、コンテンツテンプレートの共有などを可能としています。また、本社サイトのテンプレートを利用したサイト構造の統一化や、構築・運用コストの削減も可能です。

ポイント7. 各国の法規制、ネットワーク規制 ~法規制に関する問題とその対応策~

日本には日本の法規制があるように、各国にそれぞれの法規制があります。
LYZONはそれらの法規制により生じる問題を明確にし、その対応策を講じることが出来ます。

VISION

世界に役立つ脳を創ろう

デジタルマーケティング

Sitecore

それだけでは意味のないアクセス解析データとマーケティングシナリオを結び付けることで、新たなvalueを生み出す。

人工知能

Deeplearning

膨大な情報を結び付けるために(効率的に実現するため)Deeplearningなどの人工知能の技術を応用し、価値を創造する。

Webとシステムをつなぐ

全体最適

断絶されたWebとシステムをつなぎ、各サービスごとに分断されたクラウドサービスごとをつなぎ、部分最適ではなく全体最適を実現する。

CONTACT

Webサイト制作に関するご相談、サービスに関するお問い合わせはこちら